ゆうばり映画祭レポート②

ゆうばり映画祭2013の参加2日目(23日)レポート。

この日はちょっと荒れ模様。

まずチェックしたのは、「バナナVSピーチまつり」!

これは、フォアキャスト(「見通し・予報」などの意味)部門の

一環で行われた、若手作家8人の短編オムニバス企画。

女性監督と男性監督が、同じ俳優&テーマで短編を作り、

上映対決をするというユニークな催しです。

その俳優に選ばれたひとりが、この方。

紋別市出身の俳優・長谷川初範さん。

道民には、セイコーマートのCMでもお馴染みですね。

長谷川さんは、「罪」というテーマで作られた

平波亘監督と岨手由貴子監督の2作品に出演。

『ウインターズ・レコード』(平波監督)


(C)800 LIES PRODUCTION

『共犯者たち』(岨手監督)

その上映に参加したというわけです。

※ちなみに長谷川さんにはインタビューも実施!
後日詳細をご紹介しますので、お楽しみに!

その後、アディーレ会館大ホールに移動。

上映作品チラシを並べたブースに、

ミュージアムパンフレットも置かせてもらいました。

ここで鑑賞したのは、

『キング・オブ・マンハッタンー危険な賭けー』
(ニコラス・ジャレッキー監督)


(C)2012 ARBITRAGE LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

3月23日(土)の全国公開前の先行上映です。

終了後、再び「バナナVSピーチ」会場に戻ったら、長蛇の列!

『筋肉痛少女』(前野朋哉監督)

『雑音』(上原三由樹監督)

そして、『GOGO まりこ』(前野監督)

を観ていたら意外と面白くて、ついつい次の予定作品を見逃すことに。

こんな嬉しい発見があるのも、映画祭の良さです。

ちなみに、食事スペースでは意外な方と再会!

ミュージアムのお客様。

仕事絡みや映画好きが高じて、

ゆうばり映画祭にも何度か足を運んでいるそう。さすが!

また、ホテルシューパロ会場へ向かう前に

立ち寄ったのが、コチラ。

去年と同じように、寒い外で呼び込みをしていたおじ様達。

暖かい店内で、温かいカレーをいただきました。

そうして到着したシューパロ会場で参加したのが、

「北海道ロケトークスペシャル」!

パネリストには、

●夕張ロケ『スイート・ハート・チョコレート』の篠原哲雄監督
●剣淵ロケ『じんじん』の深津修一プロデューサー
●札幌ロケ『探偵はBARにいる2』の須藤泰司プロデューサー
●さっぽろ産業振興財団の一橋基氏
●洞爺ロケ『しあわせのパン』の鈴井亜由美プロデューサー が登場。

製作者側から見た北海道ロケの魅力などが語られました。
※後日、改めて詳細をレポートします。

そんなこんなで、2日目は終了。

映画の魅力に、たっぷり・どっぷり浸かった1日でした。

(つづく)

コメントは受け付けていません。