札幌のアニメーション作家・津山さんがご来館!

札幌で活動するアニメーション作家・

津山昌徳さんが先日、ご来館くださいました!

津山さんは北海道生まれ。

高校生の時からアニメーションを作り始め、

30年以上にわたり、独自に製作し続けています。

この日は、秘蔵の人形もご持参くださいました。

これを少しずつ動かして、8ミリでコマ撮りして

ストーリーを紡いでいるのです。

考えただけで気が遠くなるような作業ですが、

だからこそ、手触り感のある優しい物語が生まれるのでしょう。

アニメーション一筋の津山さんインタビュー詳細は、

後日シアターキノサイト内(注目!北の映像作家たち)でご紹介します。

が、企画インタビュー終了後、

ミュージアムの礎を築いた故・竹岡和田男さんと

面識があると知り、急きょ追加インタビュー!

それは、竹岡さんが亡くなる1、2年前のこと。

映画関連の会合で同席したのだとか。

「優しい感じの方で、さっぽろ映画祭の復活を

願っていたのが印象に残っています」とのこと。

原田芳雄さんがゲストの

1回目のさっぽろ映画祭にも参加されたという津山さん。

最近の5作品を収録したDVDもご寄贈くださいましたので、

ぜひミュージアムでご鑑賞してください。

コメントは受け付けていません。