「北のカナリアたち」の製作発表会見が行われました

今日は朝からふぶきの札幌です。

さて、今冬、利尻、礼文などでロケが行われる

吉永小百合さん主演最新作「北のカナリアたち」

(阪本順治監督)の製作発表会見が、

昨日、東京で行われました。

東映創立60周年記念の大作だけあって、

共演者は・・・

柴田恭兵さん
里見浩太朗さん
仲村トオルさん
森山未來さん
満島ひかりさん
小池栄子さん
勝地涼さん
松田龍平さん

と、とても豪華!

さらに、喜ばしいのが、

重要な役どころとなる子役の1人に

札幌市の小学生が選ばれたということ!!

510倍というオーディションを勝ち抜いたのは、

4年生の渡辺真帆さん。

ぜひ、頑張ってほしいですね。

会見で、吉永さんは7月にロケ地を訪れた印象を

「利尻富士や高山植物の美しさに感動した」と説明。

過去の北海道ロケ作品

「動乱」(80年、森谷司郎監督)
「海峡」(82年、森谷司郎監督)
「北の零年」(2004年、行定勲監督)

と比べて、「今回が一番大変になる。しっかりやりたい」

と意気込みを語られたとか。

撮影は、

「駅 STATION」(81年、降旗康男監督)
「鉄道員(ぽっぽや)」(99年、降旗康男監督)

などを手がけ、

「劔岳 点の記」(2009年)で初監督を務めた木村大作さん。

今回の極寒ロケについて、

「優しさは過酷な厳しさの中にこそある。

吉永さんも厳しい自然が似合う」とお話しされたそう。

「北のカナリアたち」公式サイトはコチラ↓

http://www.kitanocanaria.jp/index.html

冬の北海道で生まれる新たな大作に、期待が募ります!

コメントは受け付けていません。