「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」試写に参加!

札幌出身・佐々木芽生監督による

ドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー」。その続編となる

「ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」

の試写会に本日、参加しました!

ごく普通の夫婦がコツコツ集めた膨大なアートコレクションが、

全米50州の美術館に届けられ、次世代に受け継がれるまで

を追いかけるストーリー。

会場は、映画を応援する支援者でビッシリ。

実はこの映画は、大手の映画会社に頼らず、

インターネットで資金と個人サポーターを募る

「クラウドファンディング」という方法を採用。

その成果のひとつが、今回の試写会というわけです。

上映後、佐々木監督&ドロシーさん本人が登場!

残念なことに、夫・ハーブさんは昨年7月にお亡くなりに。

ドロシーさんは「ハーブの魂も一緒だと信じています。

札幌に来ることができて感謝しています」とあいさつ。

言葉の端々に、ハーブさんへの愛が感じられ、

会場はあたたかく、少し切ない雰囲気に。

一方、ハーブ&ドロシー夫妻を「NYの両親」と慕う佐々木監督。

親しげに会話する様子から、強いきずなが伺えました。

佐々木監督は、クラウドファンディング方法について

「映画同様、スピリチュアルな経験。

皆さんに助けてもらい、感謝しています」と喜び、

「私の実験的な方法が、インディペンデント系の監督が

これから頑張れる突破口になれば」と意気込みも語っていました。

札幌では4月13日(土)から、シアターキノで公開。

今後も道内へ、全国へ、自主上映の輪を広げるそう。

二人の想いが、多くの方に伝わるといいですね。

※映画の公式サイトはコチラ

アーティストとコレクターの関係、

文化の在り方を考えさせるこの映画。

新しい映画上映をも模索する佐々木監督の

力強さに、ますます応援!の想いを強くしました。

コメントは受け付けていません。