北海道ロケ台本20冊の寄贈がありました

ロケ地の宝庫・北海道。

大量に残された資料の散逸を防ぎ、

収集整理することは、ミュージアムの意義のひとつ。

先日、その趣旨をご理解くださった方から、

貴重な資料の寄贈がありました。

小樽にお住まいのSさん。

テレビ系列の子会社で照明の師匠に出会い、

以来30年近く、照明畑を歩んでこられました。

携わった北海道ロケのテレビ・映画は数知れず!

手伝いとして駆けつけることもあるという

小林政広監督作品をはじめ、

「刑務所の中で」「雨鱒の川」など近作から、

「じゃがいもと三日月」「ことわれなくて」といった往年のテレビドラマなど

20冊の台本をご持参くださいました。

一冊一冊に思い出がありそうですが、

あえてひとつ選ぶとすれば?と聞いたところ、

「札幌で撮った島田英二監督の『銀杏の樹の下で』ですね」との返事。

「ショートフィルムはスタッフの距離感が近くて

意見が言いやすいし、すぐに反映できるのがいい」とのこと。

さらに、早川渉監督の「7/25【nana-ni-go】」のパンフや、

照明業界の専門誌も。

照明で「ラクな仕事はひとつもないよ!」と言いつつ、

「光源を感じさせず、暗闇を照らすのが仕事なんだ」との言葉に、

照明マンとしての矜持を感じました。

さて、そうしてご寄贈くださった資料を、

さっそくその場で整理することに!

北海学園大の学生さんの協力のもと、

ミュージアムの寄贈リスト入り。

聞くとこのSさん、まだご自宅には台本が眠っているかもとのこと。

また映画のウラ話が聞けるのを楽しみにしています!

コメントは受け付けていません。