追悼・三国連太郎さん

俳優の三国連太郎さんが14日、

お亡くなりになりました。90歳でした。

北海道ロケにも縁深く、代表作「飢餓海峡」(65年)は岩内町ロケ。

過去に殺人を犯した実業家役で、人間の業・狂気を体現。

軽妙な「スーさん」役で人気を博した「釣りバカ日誌」シリーズも、

ファイナルとなった20作目(2009年)は、中標津でロケされました。

塘路・阿寒湖ロケ「森と湖のまつり」(58年)にも出演。


※右上から2人目の写真が三国さんです。

父がアイヌだと知り、苦悩しつつ、

高倉健と対決する若者役を熱演しています。

また、ミュージアムの企画展コーナーには、

北見ロケ「馬喰一代」(63年)のポスター&スチールを展示中。

三国さん主演バージョンの今作はDVD化されていないため、

映像を観ることは叶いませんが、6月末まで

展示しておりますので、追悼の意を込めてご覧ください。

謹んでご冥福をお祈りします。合掌。

コメントは受け付けていません。