竹岡コレクションの全貌を公開!

本日は、ミュージアムの大切な財産

「竹岡コレクション」をご紹介します。

といっても、館内のコーナーのことではありません。

これは、コレクションのほんの一部。

実は、竹岡さんのご自宅に

今も膨大な数の資料が保存されているのです。

竹岡邸を訪れた本日、 その全貌をリポートいたします。

 

まず目を奪われたのは、 大量の本が並ぶ書庫。

映画だけではなく、美術、文芸など 幅広いジャンルの書物がずらり。

 

生前の書斎も、そのままの状態に。

机や周囲の棚に並ぶのは、

愛用品や仕事資料 ビデオ、フィルム、スクラップなどなど・・・

 

 

その充実ぶりを見れば見るほど、 竹岡さんの仕事ぶり、

映画への情熱が 非常によく伝わってきます。

同時に、これだけのコレクションを守り続けてきた

奥様・羊子さんの想いも感じます。

これだけの貴重な資料をどう活用するか。

ミュージアムの課題であり、

大きな可能性だと実感した1日でありました。

コメントは受け付けていません。