函館ロケ「そこのみにて光輝く」がいよいよ始動!

2010年の函館ロケ

「海炭市叙景(かいたんしじょけい)」をご存じですか?

原作は、地元出身の作家・佐藤泰志さんの同名小説。

市民が中心になって映画化を企画し、実現しました。

当時函館に住んでいたわたし(こと新目)も、

市民スタッフとして参加!

その思い出は色褪せず、今も輝いています。

さて、その佐藤泰志小説の映画化第2弾となる

「そこのみにて光輝く」の撮影が、とうとう今年始動!

監督は、呉美保(お・みぽ)さん。

右は、プロデューサーを務める函館の

市民映画館「シネマアイリス」代表・菅原和博さん。

15日、函館で記者会見が行われました。

呉監督は、大阪芸術大映像学科卒業後、

大林宣彦事務所に入社。フリーになったのち、

2007年に「酒井家のしあわせ」で監督デビュー。

2作目「オカンの嫁入り」では、

新藤兼人賞金賞など、高い評価を受けました。

会見前日、仕事で函館にいたわたしも監督に

お会いしましたが、凛とした強さを感じさせるステキな方。

原作は、北の街に生きる男と

バラック小屋に住む女との出会いを描いたストーリー。

青春の夢と残酷を結晶させた傑作とされています。

映画に愛されるマチ・函館から、どんな作品が生まれるのか。

楽しみにしています!

コメントは受け付けていません。