大林宣彦監督の芦別映画が始動!

北海道のほぼ中央に位置する芦別市。

このまちを舞台に、

あの映画作家・大林宣彦さんが

いよいよ映画を制作します!

タイトルは、「野のなななのか」。

パンフレットを入手しましたので、

ミュージアムでお手に取ってください。

映画は、芦別で古道具屋を営む

元病院院長一家の物語。

「なななのか」とは、仏教の「四十九日」を意味し、

元院長の死をきっかけに家族が集まり、

国や古里、家族の生き方、幸せを考えるストーリー。

そもそもこの芦別映画は、

大林監督の映画に感動したあるひとりの

芦別市民の男性の想いがはじまり。

彼の行動が、20年に続くイベント

「星の降る里芦別映画学校」を生み、

大林さんとまちの絆を深めたのです。

残念ながらその男性は他界しましたが、

彼の願いがようやく実現するということで、

地元住民の感慨もひとしおでしょう。

※芦別映画の詳細はコチラをどうぞ

成功に向け、製作委員会では賛同者を募集中。

製作資金の協力などを募っています。

ご興味ある方は、映画の公式サイト

コメントは受け付けていません。