カーボン式映写機寄贈へ!士別・テアトル銀映訪問記

映画雑誌や台本、8ミリ映写機など、

ミュージアムには色々な資料の寄贈がありますが、

昨年末、ご来館されたある男性からの提案は驚く内容でした。

それは、「古い映写機、譲ります」というもの!

聞くと、士別で両親が経営されていた古い映画館をまもなく建て壊すため、

処分予定の映写機がもし役立つなら・・・と、申し出てくださったのです。

館内にはすでに1970年代活躍の映写機を展示しておりますが、

今回お話があったのは、もう少し古い時代に活躍した映写機とか。

決定的に違うのは、光源がランプではなく、カーボン式ということ!!

まずは状態を見てみよう!と、

雪解けを待ち、先日、メンバーが士別まで行ってまいりました。

結果から言うと、素晴らしい映写機!!

その状態や年式はもちろん、

何よりその映画館にまつわるストーリーがステキなもの。

※詳細は、喜多義憲副理事長のブログ(コチラ)をご覧ください。

理事会でも全員一致で「ぜひ運ぼう!」となったこの映写機。

次の問題は輸送費のねん出です。

お金のないNPOですが、

貴重な映写機を公の資料として保存すべく、策を練ろうと思います!

コメントは受け付けていません。