映画「じんじん」のロケ地・剣淵からのお客様

ようやく好天が続き、春を飛び越して夏に近づく札幌です。

さて、現在公開中の映画「じんじん」。

ミュージアムにも特設コーナーを設けて応援しているところですが、

ロケ地・剣淵町の方が昨日、お見えになりました。

高橋紀子さんとおっしゃる彼女は、なんと、義父が、

「じんじん」主演の大地康雄さんがモデルにした、

「絵本の里を創ろう会 」初代会長の高橋毅さん!

田んぼや家がロケ地となり、撮影もお手伝いしたそう。

「見慣れた剣淵の風景が、素晴らしく映っていました。

田植えの撮影は寒い日だったのに、

そんな表情を見せない女優さんもさすがと思いました」とのこと。

実は彼女は、ミュージアムとも縁がある方。

と言うのも、カーボン式映写機の寄贈を申し出てくれた

士別の映画館「テアトル銀映」の経営者のお嬢さま!

※映写機寄贈の詳細はコチラをお読みください

この日は、その寄贈話を最初にお話くださった

お兄様の田淵光紀さんと二人でお越しくださいました。

映画と、ミュージアムとのご縁を大事に、

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

コメントは受け付けていません。