富良野ロケのドラマ「風のガーデン」人気

小雨の昨日、神戸から旅行中のご夫婦がお見えになりました。

奥様が鑑賞されたのが、富良野ロケのこのドラマ。

フジテレビ開局50周年記念として2008年に制作された

倉本聰さん脚本の「風のガーデン」です。

中井貴一演じる余命わずかな医師が、

絶縁状態になっている富良野に住む家族の元に戻るまでの物語。

ドラマのために旭川の上野ファームさんが設計し、

富良野に作られたブリティッシュガーデンの美しさも評判になりました。

連続ドラマのため、あらすじを説明して、

前半と後半をご鑑賞されましたが、

「素晴らしいドラマですね。ロケ地にもいつか行ってみたいです」と

喜んでくださいました。

しかもこの後、別なサラリーマンのお客様も、

「このドラマ好きなんです」と最終回だけご鑑賞。

『北の国からシリーズ』『優しい時間』に続く

「富良野三部作」第3弾とされる「風のガーデン」の人気を感じました。

ちなみにミュージアムにはこんな展示物も。

倉本さんファンも、富良野好きの方も、

ぜひ一度お越しください。

コメントは受け付けていません。