7月からの企画展は「炭鉱と鉄道」!

いよいよ本日で6月も終わり。

明日から7月となり、2013年の後半が始まります。

ということで、ミュージアムの企画展も衣替え!

昨日29日、理事や学生さんたちの協力のもと、

展示の入れ替え作業をしました。

後期の企画展テーマはズバリ、「炭鉱と鉄道」!

北海道の近代化を牽引した「炭鉱」と「鉄道」に関する

映画資料やグッズを集めていたのです。

さっそく、前期の「馬と開拓」資料を片づける小田原賢二理事。

黙々と作業に集中しています。

そこへ、和田由美理事と喜多義憲副理事長が合流。

喜多副理事長は、お宝グッズを届けてくれました。

さらに、岡田紀子理事の姿も。

キネマ旬報を整理・・・あれ?ちゃっかり読んでません?

映画ファンの皆さん、映画資料とあらば、つい熱中しちゃいますよね。

資料をほぼ用意くださった高村賢治理事、

映画好きの木村一博理事、佐々木純副理事長も!

北海学園大のY君やAさんの協力もあり、作業はどんどん進みました。

そうして約6時間掛かって入れ替え作業は終了。

最後にはみなさんクタクタのご様子でしたが、

これでミュージアムも気持ちよく2013年後期を迎えられそうです!

その全貌はコチラ!

どんな作品、展示物があるかは、ぜひ直接お確かめください。

JR北海道様からお借りしたものもあり、

見た目にも楽しい遊び心ある企画展になりました。

今後、もう少し充実させる予定ですので、乞うご期待!

企画展「炭鉱と鉄道」は12月末までの予定です。

コメントは受け付けていません。