15日に「探偵はBARにいる」誕生秘話セミナー!

今日も晴天!

秋真っ盛りの札幌です。

さて、公開中の札幌ロケ映画「探偵はBARにいる」(橋本一監督)は

もうご覧になりましたか?

ミュージアムにもコーナーを設けて、応援しているところです。

 

すでにシリーズ化が決定!

というほど大ヒットとなったこの作品の誕生秘話について、

原作者や映画プロデューサーが語るセミナーが

11月15日(火)、札幌で開かれます!

題して、「札幌を舞台にした映画製作にあたって
ー『探偵はBARにいる』誕生秘話ー」

全北海道広告協会が主催し、事前申し込みで参加OKだとか。

講師は 札幌在住の作家で、原作者の東直己さん

札幌出身の東映プロデューサー・須藤泰司さん

コーディネーターはオフィシャルライターの市川哲史さん。

ちなみに作家の東さん、すでにミュージアムにお越しくださり、

ばっちりサインもいただいてます!

そして、プロデューサーの須藤さん。

原作と、生まれ故郷の北海道に対して 強い思い入れがある方だそう。

ぜひ当日の模様をこのブログでもご紹介しようと思います。

セミナー詳細はコチラ↓

●日時:15日(火)14:00~15:30
●会場:電通北海道(札幌市中央区大通西5丁目)9階
●参加料:一人2,000円
●問い合わせ:事務局(011・214・5019)

※このセミナーは終了しました。

主演の大泉洋さんは、言わずもがな、江別出身の人気俳優。

いわば、“道産子ムービー”と言えるこの映画を

ミュージアムは北海道の財産として応援していきます!

コメントは受け付けていません。