シネマ塾レポート!「8ミリと映画館グラフィティー2」

昨日開催された「北のシネマ塾」。

今年7回目のテーマは、「8ミリと映画館グラフィティー2 その①」。

街並み画家の浦田久さんと和田由美理事が

戦前から戦後にかけての、映画館の昔話を語りました。

トークの前に、浦田さん提供の8ミリ映写機で、この作品を上映!

カタカタカタ・・・という特有の音の中、

モノクロの怪描モノを楽しみました。

続くトークでは、無声映画の時代が話題に。

怪談モノでは、お化けが出る直前に

ドロドロドロ・・・と太鼓の“生”効果音が入ったこと。

トーキーに移り変わる時期に、弁士のストライキがあったこと。

などなど、浦田さんの思い出話が次々と沸いてきます。

「映画館でしか買えない平べったいあわ餅が好きでした。

母親に美味しくないと言われてガッカリしましたけど(笑)」と浦田さん。

一方、和田さんも「映画館を掛け持ちでソフトクリームを

販売するおばさんがいて、80年代にいなくなりました」と紹介。

下足札や畳敷き、シネラマ、楽士など、

懐かしいキーワードも満載のトークでした。

ということで、次回は・・・

8月17日(土)館長スペシャルトーク

「荒野の七人」~黒澤明の子供たち~ トーク/小檜山博(館長)

ちなみに、今回の第二弾は11月に予定!

11月19日(土)

「8ミリと映画館グラフィティー2」その②

今度の上映作品は、8ミリ作品「忠臣蔵」上映あり!

コメントは受け付けていません。