「僕等がいた」ロケ地の釧路レポート!

本日は急な道東出張。

というわけで、せっかくなので

新旧のロケ地になっている釧路の街をレポートします。

 

釧路ロケの最新作といえば 「僕等がいた」。

前編の重要なロケ地、釧路駅。

駅のホームが、大事なシーンの背景として登場します。

駅構内には、「僕等がいた」コーナーが設けられていました。

前日宿泊した駅前のビジネスホテルにも、

「僕等がいた」チラシを発見!

映画に対するマチの期待感が伝わりますね。

そしてもう一つ、忘れられないロケ地がここ。

そう!幣舞橋です。

「僕等がいた」はもちろん、

「挽歌」(57年、五所平之助監督)

「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」(84年、山田洋次監督)

にも登場する名ロケ地、です。

ぜひ映画を観て、ここに足を運んでみてくださいね。

コメントは受け付けていません。