「馬喰一代」の貴重な資料が届きました

北見ロケの傑作「馬喰一代」(1951年、木村恵吾監督)。

6月末まで、「馬と開拓」をテーマに

そのポスターなどを飾っていたところですが、

貴重な資料が東京から届きました。

当時のスナップ写真や記事資料です。

お送りくださったのは、なんと、

子役だった男の子の奥様!(変な言い方ですね)

つまり、その子役が成人して、ご結婚された

そのお相手から届いたものなのです。

と言うのも先日、ミュージアムで熱心に

「馬喰一代」ポスターを眺めている女性がいらしたので

声をかけたところ、「実は夫がこの映画に出てまして・・・」とのこと。

聞くと、三船敏郎の一人息子を演じた方、というではありませんか!

観た方ならきっと覚えているだろう、

名演技を披露したこの男の子です。

奥様から色々お話を伺った際、「資料があればぜひご寄贈を!」

というお願いを、律儀に守ってくださったのです。

どうもありがとうございました。

さっそく館内に飾ることに。

ミュージアムにお立ち寄りの際は、ぜひチェックください!

コメントは受け付けていません。