21日(土)公開!「しあわせのパン」インタビュー②監督編

今日も晴れの札幌。

太陽の光が雪に反射してキラキラ輝いていました。

さて、本日は、1月21日(土)北海道先行公開の

オール北海道ロケ「しあわせのパン」インタビューの第2弾。

今回は、三島有紀子監督(大阪出身)にスポットを当てて、

北海道&作品へのアツい想いをご紹介します。

質問はミュージアム理事の武島靖子さん、返答は三島監督です。

ーー監督は今回、脚本もご担当されていますが、ずばり、なぜオール北海道ロケだったのでしょう?何が監督の心を射止めたのでしょうか?

(C)2011『しあわせのパン』製作委員会

それは…惚れてしまった、としか言いようがありません。月浦に初めてたたずんだとき、ハッとするくらい美しく、心を奪われました。それもよくあるような単に景色がきれい、という程度ではなく、撮影したい!多くの人に見てもらいたい!という衝動に駆られるようなものでした。ここで人がどう暮らし、何を感じ、何を得ていくのか、を伝えたいと思ったんです。

ーーなるほど!まさに、月浦という土地に対してピンポイントだったのですね。その感触は、撮影してみてどうなりましたか?

(C)2011『しあわせのパン』製作委員会

ますます惚れた、というのが正しいと思います。季節ごとに何度も月浦に行きましたが、毎回表情が違うんです。それも、きれいなだけではなく、厳しさがありました。自然の中にひとりで立つと、イヤでも自分と向き合うことになるんです。自分は何なんだ、何を大事に生きているんだ、と、問われているような。と同時に、自分を、大事なものを、しっかり大切にしていけばいい、と言われている気もするんです。プライベートで何度でもゆっくり行きたい、そんな場所でした。

(C)2011『しあわせのパン』製作委員会

ーーまた北海道で撮りたい、というお気持ちはありますか?

もちろんあります!お金が集まれば、ぜひ(笑)

(C)2011『しあわせのパン』製作委員会

(次回へつづく)

◇ ◇ ◇

「しあわせのパン」 2012年1月21日(土)北海道先行ロードショー
1月28日(土)全国ロードショー
監督:三島有紀子
キャスト:原田知世 大泉 洋 他
公式サイト http://shiawase-pan.asmik-ace.co.jp/index.html

●三島有紀子監督 大阪府出身。18歳からインディーズ映画を撮り始め、大学卒業後、NHKに入局。11年間の在籍を経て、フリーランスに。以降、助監督をやりながら脚本を書き続け、「刺青〜匂ひ月のごとく〜」(2009年)で映画監督デビュー。テレビドラマも数多く演出。オリジナル脚本「世界がお前を呼ばないなら」は、09年サンダンスNHK国際映像作家賞で優秀作品に選ばれた。著書に小説「しあわせのパン」(ポプラ社より発売)。

コメントは受け付けていません。