函館の夜は「海炭市叙景」カクテルを

昨夜から1泊2日の函館出張。

ということで、とっておきのバーをご紹介します。

函館駅から徒歩5分、舶来居酒屋「杉の子」です。

大門の一角にオープンして約60年。

知る人ぞ知る昔ながらのバー。

なんとここには、函館ロケ映画「海炭市叙景」(2010年、熊切和嘉監督)

という名のカクテルがあるのです!

というのも、こちらのお店のママは、

地元市民で作る映画「海炭市叙景」製作実行委員のメンバー。

さらに、劇中では、加瀬亮さんの義母役で登場しているのです!

ママは、映画化の前から佐藤泰志さんの原作に注目し、

朗読活動でも取り上げていたそう。

そんなママの想いが詰まったこのカクテル。

お味は・・・さわやか!でも、ちょっと変わった風味が残ります。

聞くと、「ヒプノティック」というリキュールをベースに、

ホワイトラム、レモンをプラス。

そして後味の秘密は、薬草系のリキュール「サンブーカ」。

「海炭市の色に、作品のイメージとして後味を残したかったんです」とママ。

なるほど。

確かにこのひとクセあるこの味は、作品の雰囲気に通じるかもしれません。

映画を観てから飲むか。飲んでから観るか。

どちらでも、きっと深い味わいが楽しめる「海炭市叙景」。

函館の夜に、ぜひお試しを。

コメントは受け付けていません。