函館出身の作家・佐藤泰志とわたし

今日は朝から一面の雪、雪、雪!

いよいよ本格的な冬を迎える札幌です。

さて、函館出身の作家、佐藤泰志をご存知ですか?

1981年、「きみの鳥はうたえる」で文壇デビュー。

「移動動物園」「そこのみにて光輝く」など、

青春の煌めきと苦悩、市井の人びとの生き様を描く作品を次々と発表。

芥川賞候補に5回選ばれながらも受賞に至らず、

1990年、41歳の若さで自ら命を絶った孤高の作家。

 

なんと、そんな佐藤泰志の生涯をたどる

ドキュメンタリー制作の企画が進められているそうです!

発案者は、苫小牧出身の稲塚秀孝さん。

映画「二重被爆 語り部・山口彊(つとむ)の遺言」の監督です。

稲塚さんは、佐藤泰志の「市街戦の中のジャズメン」が

有島青少年文学賞の優秀賞に選ばれた年、「幕が上がるまで」という作品で入選。

その際、佐藤泰志と手紙のやり取りをしたとか。

数年前から、ドキュメンタリーの構想を練っていたそうです。

この話題にどうしても力が入ってしまうのは、

佐藤泰志の同名小説を映画化した

函館ロケ「海炭市叙景(かいたんしじょけい)」

(2010年、熊切和嘉監督)の制作に、私が携わったから。

その中で、佐藤泰志の人生を知り、小説を読めば読むほど

その強烈な個性と繊細な作品世界に魅力を感じたからです。

さらに、私よりずっと強い想いを抱く

さまざまな人たちと出会ったからでもあります。

この話を続けると、行数がいくらあっても足りないのでやめますが(笑)、

そんな私にとっても、今回のドキュメンタリー化は願ってもないこと。

全力で応援したいと思います。

ちなみにこの「海炭市叙景」はミュージアムで鑑賞可。

映画化に至るまでのドラマや撮影中のエピソードなら

私がいくらでもお話いたします!

ご興味あれば、ぜひ館内でお声をかけてくださいね。

コメントは受け付けていません。