池谷薫監督来訪、「先祖になる」を語る

日本を代表するドキュメンタリー映画作家の一人、池谷薫監督が30日、北の映像ミュージアムを訪れました。池谷監督は2011年3.11大震災後のふるさと再建に立ち上がる77歳男の姿を捉えたドキュメンタリー映画「先祖になる」を今年2月に発表、道内での上映推進のため来道中です。

北の映像ミュージアムに展示の映写機に見入る池谷薫監督

監督が道内ロケ地マップなどの館内展示を熱心に見終えるのを待ってインタビューをお願いしました。(以下、聞き手はNPO法人「北の映像ミュージアム」副理事長・喜多義憲)

喜多 お忙しい中、ようこそ「北の映像ミュージアム」に来ていただきました。昨夜、道新ホールでの試写会を見ました。ほぼ満員の観客からは時折、明るい笑い声がもれましたね。震災をテーマにしたドキュメンタリー作品にしては珍しい。

池谷 私はこの作品を、3.11以後数多く撮られた、いわゆる「震災映画」とは思っていません。陸前高田で私が出会った佐藤直志という魅力あふれる男の生きざまを見てもらいたかった。東北人の自虐的な笑いをありのまま伝えられたと思います。

「これはいわゆる震災映画じゃない。一人の男の生きざまを描いた」と語る池谷監督

喜多 津波で息子を亡くし、自宅も修復不能。それでも、被災直後に自宅再建を周囲に宣言、自ら山から原木を切り出すし、その年の田植えもあきらめない。新築の居間から満足そうな柔和な目で夕日を眺める顔。ラストシーンは見事でした。

池谷 直さんは人間性豊かでユーモアと茶目っ気の人。こちらが描いたシナリオを裏切って、次々といろんな顔を見せてくれました。

喜多 「先祖になる」というタイトルに込められた監督の思いは?

池谷 77歳の男にとって、自分の生きているうちに、町を完全に再建するのは無理だろう。それでも、仮設住宅入りを拒否して、震災直後に自分の手で自宅再建に立ち上がり、自分がこの町の新しい先祖になるんだという不屈のメッセージです。

喜多 劇場上映がひと段落し、これから自主上映にも力を入れるようですが…。

池谷 はい、北海道のたくさんの人たちに見ていただきたいと思っています。「先祖になる」公式サイト(http://senzoninaru.com/)の「自主上映会へのご案内」をごらんください。

喜多 ありがとうございました。

<参考>本作は、中国残留日本兵の悲劇を描いた傑作ドキュメンタリー「蟻の兵隊」が記録的なロングランヒットとなった池谷薫監督の最新作。震災からひと月後に陸前高田を訪れた撮影チームは、そこで佐藤直志というひとりの老人と運命的な出会いを果たす。復興への夢を語る彼の姿に見惚れた池谷は、前作に引きつづき孤軍奮闘する“ガンコ老人”を追うことを決意。寄り添うように撮影を重ねながら、困難に屈しない“日本人の底力”を描き出していく。撮影期間1年6ヵ月。東京~岩手往復の走行距離は5万キロに達した。昭和1桁生まれの主人公が示す矜持は、戦争や災害から立ち直ってきた日本人とは何なのか、人が生きていくのはどういうことなのか、真っすぐに語りかけてくる。(「先祖になる」公式サイトより

コメントは受け付けていません。