きょう4日(月)は開館しています。

きょうは3連休最終日。月曜ですが、開館、明日振り替え休館します。まずまずの天気で、豊平右岸の自宅から自転車で出発、テレビ塔の下から道新の前を通って北1条通りに出、西へまっしぐら。20分足らずで映像ミュージアムに着いてしまいました。

明日5日午後6時半から、ホテルオークラ札幌で発売したばかりの拙著「アジア群島人、生きる」(亜璃西社刊)の出版祝賀会を映像ミュージアム仲間の和田由美さんらの手で開いていただくことになっています。北は稚内から南は岐阜まで友人、知人127人が出席してくれる、夢のような宴になりそうです。

このところ、その準備に気を取られ、このスタッフブログもなかなか更新できません。

ひとつ残念なことがあります。静かすぎる映像ミュージアムに品のよいスクリーンミュージックを掛けて入館者をおもてなししようと、7月頃か、自宅から古い(1998年にシンガポールで購入)tannoyのブックシェルフ型のスピーカー、DENNONのCDデッキ、YAMAHAのAVアンプをもち込みました。

ところが、最近当番日に来てCDを掛けると、向って左のスピーカーの音が割れる。グリルを外してコーンに手を当ててみると、音の割れが軽減される。それでは、とコーンにセロテープを貼ってみると応急手当しないよりはまし。でもいつまでもこのままにしておくことはできません。スピーカーを奮発するかなあ。いま、クロード・ルルーシュ監督の「男と女」を聴いています。(この項、喜多)

 

コメントは受け付けていません。