会報22号発行「カーボン式映写機がやってくる!」

NPO法人「北の映像ミュージアム」が発行する会報第22号ができあがりました。完全なかたちではもう希にしか保存されていないカーボンアーク式映写機がほどなくわたしたちのミュージアムに展示される計画を伝える松本浦理事の1面エッセイをはじめ、映像にまつわる記事が満載。まもなく、会員のみなさんのお手元に届きます。ご期待ください。会報22会報第22号の目次

会報221面カバーストーリー、松本浦さんのエッセイ「貴重なカーボン式映写機 北の映像ミュージアムに寄贈」

3面には新年からの新企画「シリーズ・インタビュー「シネマと私」。第一回のゲストは(株)丸ヨ池内相談役 臼井幸彦さんです。駅とシネマの出合いについて映画に造詣深い鉄道マンの視点から語っていらっしゃいます。

年2回以上発行してきまいした会報はことしから年4回(1、3、5、7、10月)の季刊誌を目指します。会員になってお楽しみください。年会費3千円。各種イベントへの案内、映画上映会への優待などの特典があります。お問い合わせ先はEメール kitanoeizo2011@yahoo.co.jp 電話 011-522-7670、fax 011-522-7195

 

コメントは受け付けていません。