原節子の魅力と謎

北の映像ミュージアム月例の「北のシネマ塾」。今月15日(土曜)は、内田吐夢監督「生命(いのち)の冠」(1936年、」日活多摩川)を取り上げます。解説は不肖・喜多義憲があい勤めます。

山本有三の同名の戯曲(演劇は1920年初演)を原作に、吐夢さんがいまは北方領土となった国後島ロケを敢行。舞台設定は大正期の樺太・真岡(現サハリン・ホルムスク)のカニ缶工場。乱獲による資源減少に苦悩しながら、人間らしく誠実に生きようとする工場主一家の日常をドキュメントタッチで描いた54分。モノクロ、無声映画に弁士風にセリフとナレーションを挿入したDVDを上映します。

原節子東宝表紙

「東寳」1949年9月号の表紙は原節子。当時29歳

原節子25

▲「永遠のマドンナ 原節子のすべて」(佐藤忠男監修 出版共同社刊)。懐かしい写真がふんだんに

原節子22-1

▲「映画女優の昭和 原節子」(千葉伸夫著、大和書房刊)

注目はスーパースターのまま昭和30年代に銀幕から姿を消した原節子が15歳、少女時代の美貌をみせて出演していること。

そこで、勉強を兼ねて、いま、原節子について書かれた著作を読んでいます。たくさんありますが、図書館や友人から借りたのは次の3冊と、当北の映像ミュージアム所蔵の雑誌です。原節子26

▲「彼女が演じた役 原節子の戦後主演作を見て考える」(片岡義男著、早川書房刊)

原節子2

▲「原節子 あるがままに生きて」(貴田庄著、朝日新聞出版刊)

 

 

 

 

読めばよむほど、原節子はほんとうに魅力のある女優でした。1920年生まれ。現在94歳。鎌倉のご自宅で静かな老後を生きている、あるいは、施設に入っていらっしゃる、など諸説ふんぷん。その魅力と、42歳での早すぎる引退の謎についても勉強の成果を語ってみようと思っています。どうぞお出かけください。

2月15日(土曜)午後2時から。入場無料。

コメントは受け付けていません。