小津作品を劇場でたっぷり

札幌駅にあるシネコン「札幌シネマフロンティア」で今月22日から28日までの7日間、小津安二郎作品をたっぷり楽しめます。小津監督へのオマージュ作品である「珈琲時光」と「東京家族」を含め計9作品。料金は一般とシニア千円、学生五百円。

札駅小津映画

第8回JRタワー映画祭(主催・札幌駅総合開発株式会社)。2013年に生誕110年を迎えたのを記念、「シネマと鉄道」のサブタイトルがついている。ラインナップは次のとおり。

22日(土) 東京物語 (10時と13時)

23日(日) 晩春    (10時と13時)

24日(月) 麦秋    (10時と13時)

25日(火) 早春    (10時と13時)

26日(水) 東京暮色 (10時と13時)

27日(木) 彼岸花  (10時)

秋刀魚の秋(13時)

28日(金)珈琲時光(10時)  ホウ・シャオシェン監督

東京家族(13時) 山田洋次監督

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。