ゆうばりファンタ2日目レポート

ゆうばり映画祭2日目のレポートをお届けします!

s_P2280906

 

 

 

 

 

 

 

2日目の28日は映画祭らしく 朝から夜まで
7つの会場で30本以上の映画が上映されました。

ホワイトロック会場では

オフシアターのコンペ部門5作品もプレミアを迎え、

今年はどの作品がグランプリを獲るのか期待が高まります。

s_P2280941

 

 

 

 

 

 

 

写真は韓国映画『死ななくて』の上映後挨拶。

左は映画評論家で、

ゆうばりのプログラミング・ディレクターを 毎年務めている塩田時敏さん

中央は監督のファン・チョルミンさん、右は通訳さんです。

s_P2280942

 

 

 

 

 

 

 

5人の審査員は通路を挟んで左右に座っていました。

右奥から審査員長の根岸吉太郎監督

女優のしいなえいひさん、俳優の斉藤工さん。

上映中には、 根岸監督がメモ用紙を通路に落とし、

隣に座っていた女性が拾うという一幕も。

何をメモしていたのかが気になるところです。

s_P2280930

 

 

 

 

 

 

 

ホテルシューパロの会場ライムライトでは

全編英語でミュージカルの時代劇という意欲作 『サムライオペラ』が上映されました。

s_P2280943

 

 

 

 

 

 

 

監督の大川祥吾は北海道余市町生まれ。

自主映画とは思えないほど セットも衣装もしっかり作られており、

ジャンル映画色の濃い、ゆうばりらしいファンタスティックな映画でした。

写真は、監督(左端)とキャストの皆さんです。

他にも『片腕マシンガール』や『ヌイグルマーZ』の

井口昇監督最新作『ライヴ』がワールドプレミアを迎えました。

s_P2280957

 

 

 

 

 

 

 

 

3日前に完成したばかりで初号試写すら未だ。

井口監督、主演の山田裕貴さん、津田寛治さんも含め

ゲスト登壇した5人もまだ見ていないというので、場内はかなり盛り上がりました。

 

マッツ・ミケルセンがレクター役を演じる

海外ドラマ『ハンニバル』の第1・2話上映会では

俳優の斎藤工さんがトークゲストとして登壇しました。

s_P2280976

 

 

 

 

 

 

 

こちらはやはり女性のお客さんが多く、 立ち見もでるほど。

去年、初めてゆうばりに来たという斉藤さんは

小さな会場だからこそ観客やキャスト・スタッフの距離が縮まる
ゆうばり映画祭特有の魅力をたっぷりと語りました。

明日もレポートしますので、乞うご期待(木屋)

 

コメントは受け付けていません。