東日本大震災3周年の日、ドキュメンタリー映画「先祖になる」上映

ドキュメンタリー映像作家 池谷薫さんからの連絡です。池谷監督が3.11東日本大震災をテーマに完成したした最新作品「先祖になる」が大震災3周年の3月11日夜、札幌エルプラザ 3階 ホール(札幌市北区北8条西3丁目)で上映されます。

映画は、東日本大震災による被災避難者支援事業(北海道委託事業)として同日開かれる「北海道広域避難 これからフォーラム in 札幌 『私たちはここにいるよ』」の第2部で上映されます。フォーラムのスケジュールはー。

第1部 フォーラム
14:00 開場

14:30 フォーラム開会

14:46 黙祷

15:00 おはなし ・石巻スコッパーズ リーダー 瀬戸 公美子さん

宮城県石巻市で被災。被災者でありながら炊き出しや総合案内のボランティアを行う。2011年6月から11月は石巻市役所産業部環境課の臨時職員として勤務。当時の悲しみや怒りを「力」に変え、すこっぷ三味線の練習を重ね全国各地で公演。

みちのく会 胆振支部 支部長 二瓶 勇樹さん

2011年10月福島県郡山市より洞爺湖町に移住。移住後、NPO団体に1年半所属し、独立。「路上詩人 詞人くまさん」として全国で活動中。北海道での出逢いや経験が人生観を変え、子どもたちや未来へ伝えようとしている。
16:30 第1部閉会

■第2部 映画「先祖になる」上映
18:00 映画解説

18:15 映画「先祖になる」上映

映画「先祖になる」は3.11大震災で妻と自宅をなくした77歳、「木こり兼百姓」を自認する岩手県陸前高田市在住、佐藤直志さんの震災後を描いた愛と勇気のドキュメンタリー。池谷監督は、中国残留日本兵の悲劇を描いて記録的なロングランヒットとなった「蟻の兵隊」などを手掛けたドキュメンタリーの名匠。映画鑑賞は無料ですが、事前申し込みが必要。映画上映を含むフォーラムに関する情報はhttp://hokkaido-assist.org/?p=154をご覧ください。

映画「先祖になる」の公式サイトはhttp://senzoninaru.com/

コメントは受け付けていません。