4月公開!函館ロケ「そこのみにて光輝く」特集③

函館ロケ「そこのみにて光輝く」特集の最終回をどうぞ!

* * *

ヒロイン・千夏の弟、拓児を演じるのは、『共喰い』の菅田将暉さん(右)。

NHKの朝ドラ「ごちそうさん」にも出演する注目の若手俳優さんです。

そこのみ7

海鳴りは遠のいたが、潮風は雨あがりの翌日らしく、膜のように皮膚に粘り着く。湿気は少ない町だが、浜のあたりは風向きで違った。拓児の言葉に毒はなかった。思ったことはそのまま口にするタイプだ。 (小説「そこのみにて光輝く」より)

前科者だが、どこか無垢で、主人公・達夫を慕う男を演じています。

そこのみ6

拓児が元の人懐っこい顔でいった。虚脱感が身内を満し、坐らせろ、といって、達夫は路肩に腰をかけた。拓児もしゃがんだ。煙草をくわえ、火を点けて、それから達夫の唇に挟んだ。 (小説「そこのみにて光輝く」より)

互いに惹かれ合う姉と達夫を見守る中、ある事件が起きるのです――。

そこのみ10

* * *

さて、3回にわたって映画の登場人物を

原作の一節とともにご紹介してきました。

あくまで小説と映画は別モノですが、

ご興味があればぜひ原作もお手に取ってみてください。

ちなみに小説では、3人の「その後」が

「第二部 滴る陽のしずくにも」で描かれています。

「海炭市叙景」に続く函館ロケの傑作を、

ぜひスクリーンでご覧ください!

* * *

「そこのみにて光輝く」 呉美保監督

そこのみ1

 

 

 

 

 

 

(C)2014佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会
4月12日(土)から函館シネマアイリスで先行ロードショー!
4月19日(土)から札幌シアターキノほか全国ロードショー!
公式サイトはコチラ

(アラタメ)

 

コメントは受け付けていません。