4月、中城ふみ子賞を募集!

戦後の歌壇で名を馳せた

帯広ゆかりの歌人、中城ふみ子さんをご存じですか?

1901

 

 

 

 

 

 

3児の母親として、ひとりの女性として波乱の生涯を生き、

乳がん闘病中の想いなどをつづった歌集「乳房喪失」が

大反響を呼ぶ中、31歳で亡くなった夭折の歌人です。

故郷・帯広で、彼女の功績を称えようと創設された

短歌賞「中城ふみ子賞」が今年6回目を迎えます。

無題

 

 

 

 

 

 

 

募集期間は、4月1日~30日までの一か月間。

全国を対象に、自らの「生きる」姿勢を短歌に託した

力強い作品を50首募っています。

詳細は公式サイトをどうぞ。

中城ふみ子さんといえば、彼女の人生を描いた

帯広・札幌ロケの映画「乳房よ永遠なれ」があります。

DSCN1833-300x225

 

 

 

 

 

 

 

ふみ子役を月丘夢路さんが演じた見応えある作品でした。

今年は没後60年の節目でもあり、小樽文学館では

企画展「中城ふみ子・中井英夫往復書簡展」

(8月1日~9月7日)も開かれるそう。

※詳細はコチラ

ミュージアムには「中城ふみ子読本」も所蔵!

DSCN1831-225x300

 

 

 

 

 

 

 

 

ぜひこの機会に、彼女の歌の世界に触れてください。(アラタメ)

コメントは受け付けていません。