企画展「漁業と歴史的遺産」より③~函館ロケ「蟹工船」

ミュージアムの企画展「漁業と歴史的遺産」特集第3回!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

今回はこちら。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

函館ロケ『蟹工船』(53年、山村聰監督)をご紹介。

言わずとしれた小林多喜二の同名小説の映画化。

カニ缶作りの船内を舞台に、

劣悪な環境で働く労働者の闘争を描いています。

ロケ当時について、ミュージアムの礎を築いた

故・竹岡和田男さんは著書「映画の中の北海道」

(北海道新聞社)でこう書いています。

* * *

ロケハンに来た山村監督の緊張した表情を覚えている。(中略)「俳優は頼まれてやるのだけれど、監督は自分でやりたいものをやるのだから大変で・・・」。(中略)出港の場面が原作どおり函館でロケされ、船上の操業実写シーンは、戦後初出漁のカニ工船・東慶丸にカメラマンが乗り込んで撮影した。

* * *

この工船によるタラバガニ漁業は73年に終了。

映画は、貴重な映像資料でもあります。

ちなみに、「蟹工船」は2009年、

松田龍平さん主演でリメイクされているので、

見比べてみるのも一興かもしれません。(アラタメ)

コメントは受け付けていません。