函館ロケ「そこのみにて光輝く」監督インタビュー③

ミュージアムの武島靖子理事(以下、T)による

函館ロケ「そこのみにて光輝く」の呉美保監督&

菅原和博プロデューサーインタビューの3回目です。

【ネタばれ注意】インタビューでは映画の内容に触れています。

* * *

愛情と執着の境界線で

T/映画で描かれる「家族」について伺います。登場人物は「あんな家族がいたらうざったいな」と思う状況に置かれていますが、どこか家族愛を感じました。

監督/「家族」って、すごく煩わしいものだと私は思うんです。映画では特に千夏の場合、「あんな場所飛び出しちゃえばいいのに…」と思う人もいるかもしれません。でも世の中には、どうしようもない親をどうしても見放せない…というような方もいらっしゃるはず。それは愛情なのか、もしかしたら執着なのかもしれませんが、その紙一重の部分で人は生きていると思うんです。ですからそういう人物を描くことで、観客の皆さんにもそういう気持ちに思いを馳せてほしいと思います。

そこのみ2

 

 

 

 

 

 

T/私は映画で、愛の根源に触れたような気持ちになりました。だって達夫は、あの状況で千夏を愛していくわけでしょう。今の若者の愛を描きながら、社会的状況を忘れていないことが、幅広い世代の心を動かす作品になった要因かと思います。

監督/映画の後半にはそれぞれの家族の思いが入り混じります。最後にはとうとう千夏も罪を犯しかけ、それを達夫が救うわけですが、外に出たその瞬間、二人に一筋の光が射すんです。

T/映画を観る若者には、こんなラブストーリーもあるんだと感じてほしい。

監督/綾野さんファンはもちろん(笑)、その上の世代の方々にもぜひ見てほしい。きっと、普遍的な内容だと感じていただけるはずです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

菅原/(千夏の弟)「拓児」役の菅田将暉さんもいい役者さんですよね!

そこのみ10

 

 

 

 

 

 

T/彼の存在はあの映画の救いと言えますね。

監督/拓児は何をしでかすかわからない、本当にヒヤヒヤする男。でも、実は繊細な男であることがわかります。きっとそれは、達夫に出会って引き出されたのでしょうけれど。菅田さんはまだ21歳!すえおそろしい役者さんです。

そこのみ6

 

 

 

 

 

 

* * *

「そこのみにて光輝く」 呉美保監督

そこのみ1

 

 

 

 

 

 

(C)2014佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会

4月12日(土)から函館シネマアイリスで先行ロードショー!
4月19日(土)から札幌シアターキノほか全国ロードショー!
公式サイトはコチラ

コメントは受け付けていません。