芦別ロケ「野のなななのか」完成までの道のり③

10日北海道先行、17日に全国公開される

芦別ロケ「野のなななのか」の現場レポート第3弾!

* * *

2013年6月3日、芦別で製作発表が行われました!

1

出演する旭川出身の俳優・品川徹さんや村田雄浩さん、

女優の常盤貴子さん、寺島咲さん、山崎紘菜さんらが出席。

大林監督は「芦別の素晴らしさを描く映画が、世界の人たちが平和な世の中をつくるのに役立つように、この作品では人々の生活の賢さや美しさを描きたい」と意気込みを語り、

品川さんは「(隣町の芦別で撮影されるこの作品に出演することは)旭川出身の品川としては、感無量。(横綱の)日馬富士ではないけれど、誠心誠意、全力でこの役に挑みたい」と挨拶。

常盤さんは、芦別市内の地名「常磐(ときわ)」にちなみ、「芦別のはじまりは『ときわ』からと聞いて驚きました。その芦別との出会いのように、この作品では素敵な出会いがたくさんあるのではないかと期待しています」と話しました。

そして翌日4日、とうとうクランク・イン!

映画製作のきっかけとなった「星の降る里芦別映画学校」の提唱者

故・鈴木評詞さんが眠る霊園でお墓参りをしたあと、

クランクイン1

 

 

 

 

 

 

市内のロケセットで「ヨーイ、スタート!」の掛け声が響きました。

市民が20年間待ち続けた芦別での映画撮影。

この2013年6月4日という日は、

芦別にとって特別な一日となったようです。

クランクイン2

 

 

 

 

 

 

 

(つづく)

* * *

野のなななのか

 

 

 

 

 

(C)2014芦別映画製作委員会/PSC

★北海道公開初日5月10日(土)は、

大林監督、品川徹さん、常盤貴子さんによる舞台挨拶あり!!

札幌・シアターキノでは午前9時40分~の上映後、

ユナイテッド・シネマ札幌では午前11時半~の上映前、

イオンシネマ小樽では午後2時~の上映後、予定されています。

ぜひ会場へ足をお運びください!

さらに詳細のレポートは製作委員会さんブログへ→コチラ

映画の公式サイトはコチラ

コメントは受け付けていません。