芦別ロケ「野のなななのか」完成までの道のり④

10日北海道先行、17日に全国公開される

芦別ロケ「野のなななのか」の現場レポート第4弾!

* * *

2013年6月には、カナディアンワールド公園で撮影。

撮影中3

 

 

 

 

 

 

強い初夏の陽射し眩しいロケ日和のこの日は、

大林組スタッフも製作委員会メンバーも、

日に焼けた顔に汗をかきながら撮影に当たりました。

カナディアンワールド公園は1990年に開業、

現在は夏季限定で市民公園として一般開放されているそう。

鑑賞後は、ロケ地として訪れてみるのもいいですね。

また、同月中旬には2日間で200人以上のエキストラが参加!

撮影中1

 

 

 

 

 

 

 

芦別市内の永昌寺で、法要のシーンを撮影しました。

エキストラのみなさん、喪服は自前。

長時間の正座などちょっと辛い状況にも耐え、

大林監督の演出に合わせてしっかりと映画空間を作り上げました。(つづく)

* * *

野のなななのか

 

 

 

 

 

 

(C)2014芦別映画製作委員会/PSC

★北海道公開初日5月10日(土)は、

大林監督、品川徹さん、常盤貴子さんによる舞台挨拶あり!!

札幌・シアターキノでは午前9時40分~の上映後、

ユナイテッド・シネマ札幌では午前11時半~の上映前、

イオンシネマ小樽では午後2時~の上映後、予定されています。

ぜひ会場へ足をお運びください!

さらに詳細のレポートは製作委員会さんブログへ→コチラ

映画の公式サイトはコチラ

コメントは受け付けていません。