芦別ロケ「野のなななのか」完成までの道のり⑤

10日北海道先行、17日に全国公開される

芦別ロケ「野のなななのか」の現場レポート第5弾!

* * *

2013年6月末には、芦別市民を中心にした

エキストラシーンを撮影!

撮影中2

 

 

 

 

 

 

 

上芦別町のとある一角、昔は炭鉱のあった集落で、

第二次世界大戦中の兵士の出征場面をロケしました。

衣装を来たエキストラが登場すると、現場はすっかり昭和の雰囲気でした。

そうして翌7月8日、ついにクランク・アップ!

クランクアップ1

 

 

 

 

 

 

最終日の撮影地は、芦別市上芦別町。

主演の品川徹さん、常盤貴子さんらの出演シーンを終え、

この日の撮影が終了し、大林宣彦監督の「OK!」の声が響くと、

スタッフや出演者から大きな拍手が沸きました。

6月4日から一か月余り。

花束を受け取った大林監督と大林恭子プロデューサーは、

この作品が誕生するきっかけとなった鈴木評詞さん(故人)に

撮影の終了を報告しました。

クランクアップ2

 

 

 

 

 

 

(つづく)

* * *

野のなななのか

 

 

 

 

 

 

(C)2014芦別映画製作委員会/PSC

★北海道公開初日5月10日(土)は、

大林監督、品川徹さん、常盤貴子さんによる舞台挨拶あり!!

札幌・シアターキノでは午前9時40分~の上映後、

ユナイテッド・シネマ札幌では午前11時半~の上映前、

イオンシネマ小樽では午後2時~の上映後、予定されています。

ぜひ会場へ足をお運びください!

さらに詳細のレポートは製作委員会さんブログへ→コチラ

映画の公式サイトはコチラ

コメントは受け付けていません。