紋別・斜里ロケ「私の男」特集③~高良健吾演じる「美郎」

6月14日の公開に向け、

紋別・斜里ロケ「私の男」(熊切和嘉監督)を

原作小説とともに紹介する特集第三弾です!

* * *

孤独な少女「花」と遠縁の男「淳悟」。

ふたりの関係に影響を及ぼす、東京編のキーパーソンが

高良健吾さん演じる「尾崎美郎」です。

SUB_1090

 

 

 

 

 

 

奥のテーブル席に、尾崎美郎がぽつんと座っていた。(中略)小柄なからだを仕立てのよいスーツに包んだその姿は、いかにも育ちがよさそうで、清潔感に満ちていた。腕時計を覗きこんで、すこしだけ眉をひそめている。 (小説「私の男」より)

SUB_488

 

 

 

 

 

 

原作では「美郎」が、ふたりの秘密に触れる

ある不思議な出来事に遭遇します・・・。

SUB_419

 

 

 

 

 

 

 

理解し難い「淳悟」の行動を恐れながらも、

「美郎」は「花」に惹かれていくのです・・・。

花は僕にとって、なんというかほんとうに未知の存在だった。そのことを考えると、やはり、台風を前にした子供のようなきらめく不安を感じるのだった。 (小説「私の男」より)

* * *

1

 

 

 

 

 

(C)2014「私の男」製作委員会

「私の男」公式サイトはコチラ

コメントは受け付けていません。