24日、時計台で「女は女である」上映!

今年3月に札幌・時計台を会場にした

映画の上映会「時計台シネマ」をご紹介しました。

※当時の記事はコチラ

6月24日(火)、第二弾が開催されます!

上映するのは、ジャン=リュック・ゴダールの「女は女である」。

normal-女チラシ表決定

 

 

 

 

 

 

 

 

主催者はこんな風にアピ-ルしています↓

* * *

映画好きの間でも、「難解すぎる」「小難しい」と敬遠されることもしばしばのゴダール作品ですが、『女は女である』だけは例外です。当時、自身と婚約中だったアンナ・カリーナが主演ということで、特別でハッピーな空気感いっぱいのミュージカルコメディになっています。

クッションはまだご用意できませんが、時計台の魅力は変わりません。  素敵な空間で、素敵な映画体験を☆

* * *

観た方も、未見の方も。

きっと楽しめる映画体験になることでしょう。

ご興味ある方はぜひどうぞ!

normal-女チラシ裏決定

 

 

 

 

 

 

 

 

「時計台シネマvol.2 女は女である」
2014年6月24日(火)/札幌市時計台2階ホール
19時開場 19時25分開映
入場料1200円(当日券のみ)、定員80名
メールにてご予約が可能。
件名「女は女である」、本文に「お名前、人数、連絡先」をお願いします。
kinomado@gmail.com

コメントは受け付けていません。