オープンまでの道のり④~ワーナーおじさん~

本日は好天の札幌です。

休館日のため、不定期連載「オープンまでの道のり」をどうぞ。

◆ ◆ ◆

ミュージアムの開設のめどがたたない中、

力を入れていった自主上映活動。

その中には、

ミュージアムメンバーの重鎮、故・山田昻(のぼる)さんによる

「ワーナーおじさんと名画を楽しむ集い」がありました。

山田さんは、元ワーナー・ブラザーズ札幌支社長。

同社設立と同じ年に生まれた、というのが、生前の自慢だったと言います。

映画配給一筋の道を歩み、

「北海道キネ旬友の会」前会長も務めました。

山田さんが特に愛したのは、ハリウッド・ミュージカル。

「ワーナーおじさんと名画を楽しむ集い」と銘打ち、

2007年4月 「ハリウッド・ミュージカル~タップダンスの魅力」

2008年2月 「ハリウッド・ミュージカルの楽しみⅡ

~カップル・ダンスの名シーン」

の講師として映画鑑賞の楽しさを語ってくれました。

創立メンバーとして長年ミュージアム活動を支えてくれましたが、

病に倒れ、2009年10月、惜しまれつつ逝去。

残念ながら ミュージアム実現のご報告はできませんでしたが、

館内には「山田コレクション」コーナーを設けることになりました。

さまざまな資料を展示しているほか、

膨大な映画本の中から約300冊を

「シネマの本棚」として並べています。

幼いころ、「雨に唄えば」に心躍らせ、

「サウンド・オブ・ミュージック」に感動した私。

生前お会いできなかったことが悔やまれます。

しかし、このミュージアムができたことで、

映画を愛し、ハリウッド・ミュージカルの魅力を伝え続けた

山田さんの〝魂〟に触れることができるのです。

(つづく)

コメントは受け付けていません。