オープンまでの道のり⑤~ゆうばり映画祭応援~

今日は秋晴れ!

少し冷たいですが、心地よい秋風が吹く札幌です。

さて、本日は月曜休館日。

不定期連載「オープンまでの道のり」をどうぞ。

◆ ◆ ◆

2007年7月、ミュージアムは

映画とフォーラムの集い「頑張れ!映画のまち夕張」

と題したイベントを開催しました。

ご存知の通り、夕張市の財政破綻によって前年休止となった

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」

を応援するためです。

パネリストに

映画評論家の品田雄吉さん、

WAHAHA本舗主宰者で

夕張ロケ「冬の幽霊たち」を製作した喰始(たべ・はじめ)さん、

NPO法人「ゆうばりファンタ」の沢田直矢さんの3氏をお招きし、

コーディネーター役のミュージアム理事・中島洋さん(シアターキノ代表)

とともに 映画祭の未来、

そして、北海道と映画との関係について熱く語ってもらいました。

また、2002年のゆうばり映画祭でヤング・ファンタ・グランプリを獲得した

韓国映画「猟奇的な彼女」と「冬の幽霊たち」の2本を上映。

イベントの益金10万円を映画祭実行委員会に寄付し、エールを送りました。

ミュージアムがこの映画祭を応援する理由を、

会員の吉野力太さんが会報9号(2007年発行)の

巻頭エッセイの中でこう述べています。

 ゆうばり映画祭は17年続いた歴史のなかで、大スターが一介の市民とストーブを囲んで語り合い、そして良い思い出を持ち帰り、ノーギャラでもよいからまた行きたい、という文化を培った。  夕張というまちそのものが「映画と北海道」の関係を凝縮しているといってもいいいだろう。  北海道と映画のかかわりを大切にし、映像資料をアーカイブとして保存し、未来につなげる場の実現を目指す私たちNPO法人「北の映像ミュージアム」推進協議会にとっては、ゆうばり映画祭もまた、最優先に大切にしなければならない「北海道の文化財産」と位置づけたい。

我々を含め、こうした市民の熱い想いが寄せられ、

ゆうばり映画祭は2008年に復活!

今年度も2012年2月23日(木)~27日(月)に開かれる予定です。

夕張をはじめ、函館、芦別など道内各地で開かれる映画祭。

その灯を絶やさぬよう応援し続けることも、

ミュージアムの使命だと思うのです。

コメントは受け付けていません。