本の修理屋・坂上さんのこと

空が澄み、冬の気配を感じる札幌です。

さて、今日は月曜休館日。

ですが、〝本の修理屋〟こと坂上吉武さんをご紹介します。

ミュージアムに展示している故・竹岡和田男さんが遺した

キネマ旬報コレクション。

戦後復刊の第1号から

お亡くなりになる2001年までのバックナンバー

ほぼすべて、約1300冊をそろえています。

実は、このキネマ旬報。オープン前に整理したところ、

特に古い号は背表紙やページがボロボロ。

とても触ったり、読める状態ではないものもありました。

そんなとき、人づてにご紹介いただいたのが坂上さんです。

坂上さんは図書館用品の販売会社に長く勤め、

そこで製本技術を学び、本の修繕などを行ってきたそう。

さっそく連絡を取り、まずは痛みがひどい約300冊の修理を依頼。

約3週間のハードスケジュールでしたが、

見事オープンまでに作業してもらったおかげで

お披露目することができたのです。

下の写真にご注目。

中央の第81号以外の背表紙は、坂上さんが付け直してくれたもの。

紙の質感や字体など元の雰囲気を大事にする

こだわりぶりがわかります。

さらに多くの人に活用してもらえるよう、

戦後復刊1~3号までをすべてコピーして

本物そっくりに製本してくれたのも坂上さんでした。

本物はショーケースに並べていますが、

コピー本は館内で自由に閲覧できます。

当時の映画評や映画広告など、

古ければ古いほど読み応えがあるのです。

そんな坂上さんが、

11月15日発行の「O.tone(オトン)」で紹介されました。

「匠」と呼ぶにふさわしい坂上さんの経歴や人となりがわかります。

ミュージアムについても触れられているので、

ぜひお読みください。

古いモノの価値を見直し、新しい時代へつなぐ。

日々修理本と向き合う坂上さんの仕事は、

映像文化を掘り起こすミュージアムと

通じている気がするのです。

コメントは受け付けていません。