「大地の侍」紋別上映会レポート!

20日(日)、紋別市で行われた

「大地の侍」上映&小檜山博館長の講演会。

DSC_0029

 

 

 

 

 

当日の模様を写真でご紹介します!

* * *

この日の紋別は快晴!

会場となった紋別市文化会館も青空に包まれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

午後1時からのスタートに合わせて、

町民の方々が続々お越しくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

一体何人集まっていただけるだろう・・・と

ワクワクドキドキでしたが、結果、

約120人の方々にご参加いただきました!

無題

 

 

 

 

 

 

そもそも、今回のイベントは

紋別市市制施行60周年記念として企画。

その趣旨は、「大地の侍」の原作者・

本庄陸男の功績を振り返ること。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

と言うのも、彼は少年期を紋別・上渚滑で過ごし、

その経験が創作の原点とも言われているのです。

そこで、まずはミュージアム館長で作家の小檜山博が、

「本庄陸男の現代文学における功績」と題して講演しました。

DSC_0014

 

 

 

 

 

 

小檜山館長は、開拓農家で育った自身の半生と、

幼くして紋別で開拓作業に従事した本庄の生い立ちを重ね合せ、

「渚滑で百姓を手伝わなかったら、小説「石狩川」は生まれなかった。

渚滑の風土が、彼の精神風土に沁み込んでいる」と説明。

DSC_0022

 

 

 

 

 

 

そして、東京で文芸活動を共にした

川端康成や谷崎潤一郎らの名を挙げ、

「本庄は彼らと同じレベルにいた作家だ」と力説。

DSC_0037

 

 

 

 

 

 

自身の著作「出刃」にも触れ、

「本庄は『石狩川』で開拓の希望を描いたけれど、

40年後、自分は離農を描くしかなかった。

今の状況を本庄が知ったらどう思うだろう」と語り、

「まずは原作を読んでほしい」と呼びかけました。

DSC_0040

 

 

 

 

 

 

その後、映画「大地の侍」が上映されると、

スクリーンに映し出された開拓の物語を

お客様は感慨深げに見つめていらっしゃいました。

DSC_0059

 

 

 

 

 

 

* * *

ということで、大変好評のうちに終了した上映会。

アンケートも行ったので、感想も随時ご紹介します!

ちなみに8月10日(日)まで、

紋別市博物館では特別展「本庄陸夫男と大地の侍」を開催中!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

本庄の人生や文学活動、映画「大地の侍」についても

よくわかる展示内容ですので、

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

(お問い合わせは博物館 0158-23-4236)

映画「大地の侍」は、9月13日(土)、

札幌プラザ2・5でも上映致します!お見逃しなく。

コメントは受け付けていません。