片岡翔監督インタビュー

「北の映像ミュージアム」は、

さまざまな方のご支援で成り立っています。

そのひとつが、

札幌国際短編映画祭 (通称・SAPPOROショートフェスト)

今年で6回目を迎えるこの映画祭の久保俊哉副委員長には

「開設準備委員会」という組織の一員として、

ミュージアムオープンへ向けてのアドバイスをいただいておりました。

その映画祭は5日に開幕。

本日、アワードセレモニーが行われ、

コンペの受賞作品が発表となりました。

そんな慌ただしい中、札幌出身の若手映画監督

片岡翔さんにインタビューいたしました!

知る人ぞ知る「人形屋佐吉」の息子さんです。

片岡監督は「ゆきだるまとチョコレート」という短編映画を出品し、

見事、最優秀北海道作品賞を受賞されました!

おめでとうございます!!

実は、私と同世代。

好きな監督など共感できる話題でも盛り上がり、

和気あいあいのインタビューとなりました。

北海道から全国へ、世界へ。

これから高くはばたいていく映画人も、

ミュージアムは応援いたします。

詳細は改めてご報告いたしますので、お楽しみに!

コメントは受け付けていません。