李相日監督の新作は北海道ロケ(の予定)!

今日は冷たい雨が降り、晩秋の札幌です。

さて、「悪人」「フラガール」などで知られる

李相日(リ・サンイル)監督の魅力を探る 「李相日映画祭」が、

昨日から シアターキノで開幕しました!

初日の昨日は、李監督ご本人が登場!

「青~chong~」の上映後、

北大大学院准教授の中島岳志さんと対談されました。

その中で、とってもうれしいニュースが!

なんと、最新作のロケ予定地は北海道だというのです!!

さっそく、対談の一部抜粋をご報告します。

(質問は中島さんです)

ーーこれからについて伺えますか?
はい。次は…北海道で撮りますよ!(おぉ~と、どよめく観客)
でも、ポシャったらすみません(笑)
実は、「悪人」の前に北海道で撮りたい題材があって、その時は成就しなかったんですけど、 今度は別の形で北海道でやろうと思っています。
今回、シアターキノさんに呼んでもらったのをいい機会に、ロケハンをして帰るつもりです。 北海道を舞台に、「正義」みたいなものがテーマになると思います。 時代は120~130年前になる予定です。

ーーというと、開拓の頃が舞台に?
そうですね。その頃って、北海道の価値観があやふやだったと思うんです。
何に価値を見出して生きていくのかが難しい時代だったと。 そういう時代を借りながら、「正義」について見つめるような内容になる予定です。

ーー北海道の風景について、いかがですか?
できることなら、130年前に見たかったなと思います(笑)。 今、その時代の風景を探しているんですが、知床くらいしかないんですよね。 逆に言えば、1世紀くらいで、人間がこれだけ何かをつくるのか、壊すのか、土地の姿を一変させることのすさまじさを感じます。

ーー「悪人」での佐賀の撮り方を見ると、李さんは地方の風景に独特のアングルを向けているように思いますが。
僕も出身は新潟県なんです。子どもの頃に横浜に移ったので、横浜暮らしが続いたのですが、 親戚は新潟にいたのでよく行きました。 だから、「地方」というふうに分けて考えてはいなかったですね。 知らない土地に対する違和感はありますが、 その土地土地に愛着を持っている人がいるし、そういう、愛着を感じた生き方が自分にはできなかったので、その感覚は気になります。

ーーでは、最後に意気込みをどうぞ。
早く撮りたい!ですね。もう「悪人」から2、3年経っているので。 どなたか、知床の自然遺産で撮らせてくれる権限を持つ人がいたら紹介してください(笑)。 1本1本、迷いながら、ただ、ちゃんと向き合う映画を、と思って作っています。 次も温かい目で見てほしいです。(大きな拍手!)

以上です。 ユーモアを交えつつ、

穏やかに、真摯にお話される様子から、

強い信念を持って映画作りに取り組まれているのが伝わりました。

ぜひ、そんな李監督に 北海道ロケを実現させてほしいと思います!

コメントは受け付けていません。