オープンまでの道のり⑨~シンポジウム

本日は、久しぶりの不定期連載

「オープンまでの道のり」をご紹介。

長年の活動が実を結び、

ようやく開館が決まったあとの取り組みです。

◆ ◆ ◆

2011年9月の開館を控えた4月、ミュージアムは

シンポジウム「北の映像ミュージアムを考える」を

札幌市教育文化会館で開きました。

タイトル通り、ミュージアムの意義や役割を考えるもの。

「なぜ、いま映像ミュージアムなのか?」と題した

パネル討論には、

メディア論の第一人者・竹邑光裕札幌市立大教授、

ミュージアム理事の高村賢治さん、

シアターキノ代表の中島洋さんが登場。

途中から北海学園大の大石和久教授も加わり、

ミュージアムのあるべき姿について語り合いました。

 

話題は、国内外の映像ミュージアムの事例、

映画の魅力、北海道ロケの特性など広く、深い内容に。

(詳細は会報16号にありますので、

ご興味ある方はミュージアムでお読みください)

参加したスタッフ、お客様みなが

オープンへの期待感を膨らませた時間となりました。

 

そしていよいよ、オープンへの

具体的な作業に取り掛かるのです!

(つづく)

過去の「オープンまでの道のり」はコチラ↓

http://blog.livedoor.jp/nanae7ishiguro/archives/cat_123677.html

コメントは受け付けていません。