田淵さんが語る、士別・カーボン式映写機の思い出

ミュージアムの目玉展示であるレトロな映写機。

写真 3

最近、士別の元映画館から寄贈を受け、

2台の映写機が館内に並ぶことになりました。

写真 5 (2)

こちらが士別から寄贈を受けたカーボン式映写機です。

見れば見るほど、その美しいフォルムにウットリ。

さらに面白いのが、年代によって2台の仕様が異なるため、

映画文化の移り変わりが感じとれること。

写真 2

この映写機を寄贈いただいた田淵光紀さんが、

札幌映画サークルの会報10月号にその思い出を綴っています。

許可をいただいたので、内容を転載致します。

2※クリックいただくと拡大表示されます。読みにくい場合は、下記をクリックいただければ、PDFが表示されます。

PDFはコチラ→カーボン映写機

『映画が最大の娯楽だったころの生き証人』というこの映写機が、

このミュージアムで展示できることを、改めて感謝したくなりました。

それにしても、この写真、とっても素敵ですね!

無題

ちなみに士別の映画館からは、

ほかにも資料をいただいたので館内でご覧ください。

写真 1 (2)

コメントは受け付けていません。