3万人目のお客さまは札幌の永村さん-記念品を贈呈

北の映像ミュージアムへの来館者がきょう10月12日、3万人を突破しました。記念すべき3万人目のお客さまとなったのは、札幌市東区在住、ゴルフ場キャディー永村留美恵さん(54)。佐々木純・NPO法人北の映像ミュージアム理事長から「3万人目」 の認定証と記念品の「北海道 シネマの風景」(同NPO編・北海道新聞社刊)、「北海道ロケ地マップ」が贈られました。

DSCN0325

佐々木理事長から、笑顔で3万人目の認定証を受け取る永村留美恵さん(右)

今夕、お隣のニトリ文化ホールで開かれた郷ひろみコンサートを友人と2人で見に来て、開演前にミュージアムに立ち寄った 永村さん。ミュージアムのスタッフから幸運が告げられると、「ええっ?そうなんですか」と驚きの表情。ラブ・ロマンスものの映画が大好きと言い、オードリー・へプバーンの「ローマの休日」、ジュリア・ロバアーツの「ノッティングヒルの恋人」がお気に入りだそう。

永村さんには後日、もう一つのプレゼント、近く発売される北海道ロケで生まれた映画「銀の匙 Silver Spoon」(吉田恵輔監督)のDVDが贈られます。

DSCN0326

一緒に来館した友人(左)と3万人目の認定証を手に記念撮影

北の映像ミュージアムは2011年9月に開館。毎年約1万人ずつの入館者を迎えて誕生満3年で3万人に達しました。今後もより多くの道民や遠来の映画ファンに親しんでいただくミュージアムづくりを目指して努力していきたいと考えています。

あす13日は月曜日ですが、国民の祝日「体育の日」ですのでミュージアムは開館、14日が振り替え休館となります。

 

コメントは受け付けていません。