森田芳光監督追悼コーナーを設けました

突然の悲報から一夜明け。

ミュージアム館内に本日、

森田芳光監督の追悼コーナーを設けました。

七飯・鹿部・大野(北斗)ロケ「ときめきに死す」(84年)

函館・札幌ロケ「キッチン」(89年)

それぞれ公開時の、キネマ旬報も置いています。

当時の撮影ルポや 森田監督の対談なども掲載。

函館フィルムコミッションより提供いただいた

函館ロケ「わたし出すわ」(2009年)ロケ地マップも配付中。

映画を観続けることが、

監督を偲ぶ一番の方法かもしれません。

お立ち寄りの際は、ぜひ足を止めてみてください。

コメントは受け付けていません。