芦別ロケ「肩の上の蝶」を観ました!

今日は、降ったりやんだり、曇り空の札幌でした。

さて、昨日から 「2011 札幌・中国映画週間」が開幕。

さっそく、オープニング上映の 芦別ロケ「肩の上の蝶」を観てきました!

あることをきっかけに蝶になった主人公が、

愛する薬草学者の男性をそっとそばで見守るのですが、

そこに彼を慕う別の女性が現れて・・・

というファンタジー・ラブストーリー。

ロケは2009年10月、

芦別市カナディアンワールド公園や

富良野市などで行われました。

色づく木々やシラカバ、コスモスなど

秋の北海道の風景が、

美しい自然の残る未来の島、という設定を演出しています。

CGをふんだんに活用し、

アニメーションも盛り込んでいるので、

親子連れでも十分楽しめる内容です。

26日(水)17:10~、28日(金)17:40~

札幌プラザ2・5で上映されますので、

ぜひこの機会にご鑑賞ください。

ちなみに、このイベントは「日中友好映画祭」の一環。

映画祭は2006年から始まり、

日中映画文化産業の相互交流を進めているとのこと。

今年6月には 北京と上海で「日本映画週間」が行われており、

増毛ロケ「春との旅」(2010年、小林政広監督)と

釧路・白糠ロケ「ハナミズキ」(同年、土井裕泰監督)

を含む12作品が上映されています!

海をわたった北海道ロケ映画。

中国の観客の目には、どのように映ったのでしょうか。

不思議な世界観を創り出した

「肩の上の蝶」を観ながら そんなことを考えました。

コメントは受け付けていません。