2014年振り返り④芦別ロケ「野のなななのか」

2014年を北海道ロケで振り返る第四弾。

5月に公開されたのは、

芦別ロケ『野のなななのか』です。

無題11-300x199

©2014 芦別映画製作委員会/PSC
配給/PSC TMエンタテインメント

尾道三部作などで知られる大林宣彦監督が、

20年以上交流を続けた芦別市を舞台に、

地元市民と作り上げた人間ドラマ。

旭川出身のベテラン俳優・品川徹さんが主役を務めました。

人の生き死に、戦争、3・11後の在り方・・・などを

大林監督ならではのタッチで続くこの作品。

「3・11後の今、平和への強い願いと

時空を超えた愛の物語を描き、

決然と未来へ進むべき道を示した」ことが評価され、

第6回TAMA映画賞最優秀作品賞を受賞!

野のなななのか-300x198

映画の公式サイトによると、さらに

バルセロナアジアウィーク観客賞も受賞したそうですね!

おめでとうございます。

映画化までの経緯、ロケ地など関連情報も

このブログでご紹介しているので、ぜひチェックを!→コチラ

コメントは受け付けていません。