今年最後の「北のシネマ塾」を開催しました

北海道ロケの作品などをテーマに、

理事らが昼下がりトークを行うイベント「北のシネマ塾」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2014年最後の回が20日、ミュージアムで行われました。

街並み画家・浦田久さんをゲストに迎え、

ミュージアムの和田由美事務局長と語る

「映画館グラフィティー」も今回がラスト。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浦田さんは映画を見るのは「不良」とされた小学生の頃、

友達と競うように時代劇を観たこと、

戦争映画に触発されて少年航空兵に志願し、

戦死した友達がいたこと・・・など、戦前から戦後の記憶を紹介。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに、80~90年代に札幌にあった

ミニシアター「ジャブパート2」の

オーナーになった経緯を振り返るなど、

映画館と共に歩む人生を情感たっぷりに語ってくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後、浦田さん寄贈の8ミリ映写機を使って、

嵐寛の代表作「鞍馬天狗」シリーズの中でも

戦後に作られた異色作「大江戸異変」を上映。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その内容はもちろん、仲間の映写技師さんによる

フィルムの交換作業までが懐かしく、皆さんも興味津々の様子でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ということで、2014年のシネマ塾はこれにて終了。

ご参加くださった方々、ありがとうございました。

そして、来年ももちろん開催致します。

詳しいスケジュールは、あす発表!

どうぞお楽しみに。

コメントは受け付けていません。