函館ロケ「そこのみにて光輝く」、札幌シアターキノでアンコール上映!初日舞台挨拶レポート

キネマ旬報2014年の邦画ベストワンを受賞した

函館ロケの話題作「そこのみにて光輝く」(呉美保監督)。

そこのみ1-300x214

(C)2014佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会

札幌シアターキノで、昨日24日から

アンコール上映が始まりました。

DSC_0352

初日には、「北海道の役者を応援しよう」第1弾として、

お店のママ役で出演した

札幌在住の小林なるみさんを迎えたアフタートークを実施!

DSC_0407

さまざまな映画賞に輝く注目作だけあって、

会場には多くの観客が集まりました。

DSC_0393

オーディションで合格し、台本を受け取って

役柄に驚いたという小林さん。

呉監督について、「声も荒げず、ピリピリした空気も出さないけれど、

目だけは鋭く、しかも温かいまなざしで芝居を見守る方」と説明。

DSC_0431

小林さん演じるママの「女の顔して」という印象的なセリフにまつわり、

本番時、ビール瓶が倒れるというアクシデントに動揺しつつ、

「綾野さんと池脇さんの芝居を邪魔しないよう

無心で演じたテイクが採用されて嬉しかった」という

ウラ話を紹介してくれました。

DSC_0380

この映画について、

「崖っぷちの人たちのつらいシーンが積み重なるけれど、

タイトルの意味が最後に理解できる温かみのある作品。

今日はトークのために涙をこらえました」と話していました。

DSC_0362

さぁ、ご覧になった方も、そうでない方も。

函館で生まれた傑作を、ぜひスクリーンで!

「そこにみにて光輝く」アンコール上映は2月6日(金)まで。

※詳細はキノサイトへ→コチラ

ちなみに、小林さんは、雪まつり会場で行われる

フィギュアアート劇に人形操演で参加されるそう。

9807_757323221011061_8684163937039361843_n

2月5~11日までの限定ステージです。

2

こちらにもぜひ足をお運びください!

※雪まつり公式サイトはコチラ

コメントは受け付けていません。